2017年6月15日木曜日

調査船白山丸のスルメイカ調査結果 (期間:5月17日~25日)

調査船白山丸は5月17日から25日に能登半島沖から日本海中央部(大和堆南方海域)でイカ釣り操業を行いました。スルメイカの分布密度の指標であるCPUE(釣機1台1時間当たりの漁獲尾数)は5.4~53.0尾であり、日本海中央部にスルメイカが広く分布していることが分かりました。本調査の平均CPUEは27.7尾であり、前年同時期平均(18.9尾)および過去5年同時期平均(21.2尾)を上回りました。定点調査ではないため厳密に比較できませんが、今年5月の日本海沖合のスルメイカの分布量は前年および過去5年平均を上回っていると考えられます。本調査で漁獲したスルメイカの外套長(魚体サイズの指標)の平均値は17.9cmであり、魚体は前年(18.7cm)および過去5年平均(18.5cm)より小さめでした。

小型いか釣りのスルメイカ水揚状況 (期間:5月1日~6日8日)

小型いか釣漁船によるスルメイカの水揚げは後半に入っています。5月1日から6月8日の県内水揚量は1,137トンで、前年(819トン)を上回り、過去5年平均(1,342トン)を下回っています。6月11日現在、漁場は西海・門前・珠洲沖にあります。佐渡以北ではまだ本格的な漁場形成はない模様であり、昨年よりも漁場の北上は遅めとなっています。

銘柄(1箱当たりの入り尾数)別の箱数割合をみると、今年は30尾入りと40尾以上入りが多く、前年および過去5年平均に比べて魚体は小さめとなっています。

石川県周辺海域の水温 (期間:6月5日~9日)

沿岸の海面水温 6月9日の本県周辺(海岸線より30海里程度)の海面水温は18~20℃台で、過去5年平均との差は-1.0~±0.0℃程度でした。
沿岸観測ブイの水温 今期の水温は18.1~19.6℃で、5月下旬から約1.0℃上昇しました。前年同時期との差は-0.8~+1.0℃、過去3年平均との差は-0.7~+0.8℃でした。
港内の水温 今期の水温は18.4~20.5℃で、前年同時期との差は-0.9~+0.1℃、過去3年平均との差は-1.4~-0.2℃でした。

石川県主要港の水揚状況 (期間:5月16日~31日)

定置網 マダイは39トン水揚げされました。4月前半から5月後半までの累計は107トンで、前年(69トン)を上回り過去5年平均(106トン)並みでした。フクラギ・サワラ・サゴシは前年を上回り、ブリは前年並み、マアジは前年を下回りました。
まき網 サバは前年を上回り、マアジは前年を下回りました。
底びき網・ごち網 ニギス・マダラ・フグ類は前年を上回り、アマエビは前年並みでした。
刺し網・釣り・その他 ベニズワイガニは前年を上回り、イワガキは前年並み、ヤナギバチメは前年を下回りました。