2017年2月28日火曜日

石川県周辺海域の水温 (期間:2月19日~23日)

沿岸の海面水温 2月23日の本県周辺(海岸線より30海里程度)の海面水温は10~11℃台であり、過去5年平均との差は±0.0~+0.5℃程度でした。
沿岸観測ブイの水温 今期の水温は10.5~11.9℃で、2月中旬から約0.3℃低下しました。前年同時期との差は-0.6~-0.3℃、過去3年平均との差は-0.5~+0.3℃でした。
港内の水温 今期の水温は9.5~11.0℃で、前年同時期との差は-1.1~-0.7℃、過去3年平均との差は-0.2~+0.2℃ でした。

調査船白山丸のアマエビ調査結果 (期間:1月17日~20日)

調査船白山丸は1月17~20日に金沢沖の水深375~450mの海域でアマエビ(ホッコクアカエビ)の分布量調査を行いました。本調査は2008年から実施しており、縦150cm×横220cmの金属枠に長さ10m・目合16節の袋網を付けた漁具を30分間曳網し、若齢エビの分布を調べています。

■ 2015年生まれである2歳エビは、1回の曳網当たり62尾採集されました。
■ 2014年生まれである頭胸甲長18mm前後の3歳エビは、1回の曳網当たり260尾採集され、2010年生まれ、2011年生まれに次いで、調査開始以降3番目に多く採集されました。アマエビの県内漁獲量は2012年以降増加し、現在高水準で推移していますが、特に2014・2015年の大幅な増加は2010年生まれ・2011年生まれが本格的に漁獲され始めたためと思われます。2016年の県内水揚量は904トンで、過去20年間で最も多かった2015年に次ぐ2番目の多さでした。2014年生まれが本格的に漁獲対象となる2018年以降も好漁が見込まれ、現在の高い漁獲量が長期間維持されることが期待できます。

石川県主要港の水揚状況 (期間:2月1日~15日)

定置網 ブリ・サバは前年を上回り、スルメイカ・マアジ・カワハギは前年を下回りました。
まき網 ブリ・ガンドを中心とした水揚げでした。
底びき網・ごち網 アカガレイは48トン水揚げされました。1月上旬から2月上旬までの累計は86トンで、前年(72トン)および過去5年平均(97トン)並みでした。アマエビ・ズワイガニ・マダラは前年並み、ニギスは前年を下回りました。
刺網・釣り・その他 マダラは50トン水揚げされました。11月上旬から2月上旬までの累計は351トンで、前年(361トン)および過去5年平均(321トン)並みでした。フクラギは前年を上回り、ベニズワイガニは前年を下回りました。

2017年2月13日月曜日

石川県周辺海域の水温 (期間:2月4日~8日)

沿岸の海面水温 2月8日の本県周辺(海岸線より30海里程度)の海面水温は11~12℃台で、過去5年平均との差は±0.0~+0.25℃程度でした。
沿岸観測ブイの水温 今期の水温は11.1~12.5℃で、1月下旬から約0.7℃低下しました。前年同時期との差は-0.7~-0.1℃、過去3年平均との差は-0.6~-0.1℃でした。
港内の水温 今期の水温は9.7~11.7℃で、前年同時期との差は-0.6~-0.1℃、過去3年平均との差は-0.2~+0.1℃でした。